オリジナルでドローンゲートを作ってみよう!

2019/04/29
image

今回の研究レポートは、ドローンのコースを自分で作って飛ばすために、オリジナルのドローンゲートを作ってみようと思います!

100均のメッシュ式日よけ(サンシェード)を使い、何度も使え、折りたたんで持ち歩ける、オリジナルのゲートを作りましょう!

① 必要なものを準備しよう

今回は、100円均一で売られている「サンシェード(車用の日よけ)を使って、軽くて安心で安全なドローンゲートを作っていきたいと思います。

全て100円均一で揃えられるものだけで作るので、大きな費用も掛かりません!

まずは必要なものをこちらから紹介いたします。

■用意するもの
・ゲートの型紙(こちらからダウンロード
・油性ペン
・グルーガン
・グルースティック
・車用日よけ
・洗濯ばさみ

  • サンシェード

    ベースとなるサンシェードは今回はDAISOにて購入しました!

  • グルースティック

    メッシュ部分を保護するためのグルーガンとグルースティックもDAISOで揃います!

  • 洗濯ばさみ

    スタンド代わりになる洗濯ばさみももちろん100均で揃えることができます。

② 台紙をダウンロードして印刷しよう

img

まずはドローンゲートの型紙(こちらからダウンロード)をダウンロードしましょう。

※ 型紙のデザインは変更になる場合があります。

③ 作ってみよう

切り取る

① 点線に沿って台紙を切ろう

印刷した紙にあるハサミマークのついた点線に沿って、台紙を切り抜きます。

切り抜いたものを使うので、点線の内側はきれいに残すようにしましょう。

セット

② 日よけにセットしよう

日よけのちょうど真ん中にくるあたりに、先ほど切り抜いた型紙をセットします。

マジック

③ マジックでなぞろう

台紙に沿って、マジックでなぞっていきます。ズレないように内側を接着するのもおススメです。

グルーガンでなぞろう

④ グルーガンでなぞる

一周ぐるっと線を引くことができたら、その線をさらにグルーガンですべてなぞっていきます。

これがメッシュ部分の切れたところを補強するものになります。

さらに補強しよう

⑤ さらに補強しよう

日よけを裏返し、反対側にもグルーガンを打ち込み、補強していきます。表の面となるべくズレないように気を付けていきましょう。

ハサミを入れよう

⑥ ハサミで切ろう

線をグルーガンで補強することができたら、その補強部分の内側をハサミで切っていきます。

足場になる部分を補強しよう

⑦ 足場になる部分を補強しよう

洗濯ばさみを足場にするため、その洗濯ばさみで挟む部分をグルーガンで補強し、安定性を高めるようにします。

完成

⑧ 洗濯ばさみで立たせよう

⑦にてグルーガンで補強した下部を洗濯ばさみで挟み、足場としてゲートを立ててみましょう。

安定して立てることができれば完成です!

あとがき

いかがでしたでしょうか?

ゲートにさらに色を塗ったり、イラストを描いたり、シールを貼ったりすることでさらにオリジナル度の高いゲートが仕上げられます!

100円均一で揃うこのゲートをいくつも作り、室内でも楽しめるドローンレースを開催してみてはいかがでしょうか?

ドローンの飛ばし方や専門用語、ドローンレースについてなど、もっと詳しく学習したい方はこちらがおススメです!