ドローン操縦士のためのカメラ講座 夜景撮影編

写真の基礎の基礎から、基本のカメラワークや構図など、仕事に必要な撮影の基礎知識を中心に学習できます。

受講内容概要

ダイジェスト動画紹介

公開日 2019/07/01 公開予定

受講料 3,000円(税別)※1か月あたり 250円相当(税別)

学習目安時間 40分

視聴期間 12ヶ月

難易度
ドローンでの撮影初心者の皆さま向け。
目 的
ドローンでの夜間撮影の前にしっておくべき撮影の基礎知識が学べます。
内 容
「夜景撮影は難しい」と思っていた方、光の軌跡といった幻想的な夜景写真、夜景と人物を一緒に撮るときの工夫など夜のお出かけがさらに楽しくなる夜景撮影ができるようになります。
※ ドローンのカメラに特化した講座ではありません。

講師のコメント

この講座では「夜景をきれいに撮影する」ということをテーマに学習していきます。

夜景に適した基本的な設定の方法、構図の工夫、夜景撮影であるよくある失敗例などを比較しながら説明といった形でやっていきますので、今まで夜景撮影は難しいなと思っていた方でもわかりやすい内容になっているかと思います。

さらに夜景撮影ならではの幻想的な表現方法や夜景や人物を一緒に撮る時の注意点や工夫なども実際に撮ってきた作例とともに紹介していきます。

星空やイルミネーションなど夜の撮影が楽しくなること間違いありません。ぜひ受講してみてください。

撮影協力

WADAYA
撮影協力:WADAYA STUDIO

受講講座内容 ドローン操縦士のためのカメラ講座 夜景撮影編

1.夜景撮影をするめに確認しておきたいカメラの設定

2.夜景撮影は、画質が悪くなる

3.夜景を綺麗に撮るためには?

4.夜景撮影の失敗例

5.夜景映像を撮る場合に狙いたい時間

6.動画撮影のマニュアルモードとオートモードの違い

7.夜景は構図の工夫でも綺麗に撮れる

8.長時間露光と光の軌跡

9.ライトを使って人物を撮る

10.夜景内の光源をうまく利用して人物を浮き立たせる

※講座内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

担当講師紹介

和田 圭介

株式会社WADAYA
代表取締役 和田 圭介 様

【PROFILE】

写真撮影、映像制作を行う制作会社の代表取締役であり、自らも企画演出、撮影編集などをこなす、クリエイター建築士として建築設計を行う傍、19歳でブライダルフォトグラファーの仕事をはじめることをきっかけにカメラマンとなる。

その後、教育関連の仕事につき、コンテンツ制作における人材育成及び、そのカリキュラム、コンテンツ制作をおこなっていたが、制作現場への思いから、コンテンツ制作会社に入社し、某大手企業に、教育映像における映像プロデューサーとして出向。現在のビジネスの原型につながる現代ならではの映像表現や、ミニマル撮影フローを確立する。

その後、デジタル、撮影や写真技術を生かした、コンテンツ制作を行う会社を作り横浜に、コンテンツ制作に特化した撮影スタジオを構える。

現在、商品や人物の撮影はもちろん、CMやPV、教育映像など、幅広い作品を手がけている。

関連講座